なべつかみ

本日は、 Rick Rack の学べるワークショップに行ってきました。テーマは「バイアステープの基本を学び、パイピングをマスターしよう!」で、教材はなべつかみでした。
↓このキルト地も、何度使ったことだろう…

f0255754_1549414.jpg


この豆型のなべつかみは、ポケット部分に直線、本体に外カーブと内カーブがあって、バイアステープの教材としてはもってこいとのことです。そのうえ、吊り下げのひもの部分もバイアステープを使用しています。

カーブに沿ったバイアステープの付け方のコツを教えていただいたり、バイアステープを自分で手作りする方法を実演していただいたりしました。
バイアステープを自分で作るのは大変そうだなと思っていましたが、以外と簡単に作ることができるようです。今度余り布で作ってみようっと(^-^)


これまで何度も使っているバイアステープなので、それなりに慣れてはきました。
が、表側の見た目を重視すると、裏側のミシン目が外れてしまう。裏側にも気を付けて表側を縫うと、気を付けたつもりなのに先に縫ったミシン目が出てしまっている。そんなことがしょっちゅうです(-_-;)

表も裏も、どちらから見ても縫い目が落ちずきれいに、しかもはやく縫うのは、やはり難しいようです。
どうしてもという場合は、しつけ糸をかけてからゆっくり丁寧に縫っていくのが一番いいようですね。

というわけで、このなべつかみは、表重視で縫いました。もちろんしつけはかけてません。だから、裏はガタガタです。ま、裏なんて誰も見ないし(^_^;)

f0255754_15343481.jpg

↑表側(^-^)v

f0255754_15355913.jpg

↑裏側(^-^;

by bananamura | 2013-09-25 15:51 | banana 磨き(自己研鑽)