カーブとの闘い方

カーブ…お好きですか?
苦手な方、いらっしゃるでしょうね。

banana は、これといって得意というわけではありませんが、これといって苦手というわけでもありません。子供の頃からの長いお付き合いなので、あまり意識したことがありません。

しかし!
カーブが大の苦手だという人が、実際に目の前で縫ったカーブを見た時、軽い衝撃を受けました…。
苦手な人って…、ほんとに…、苦手なんだなぁ…、と。

というわけでここでは、カーブとの闘い方、いや、対処方法について書いていきたいと思います。



友人のお二人に、カーブ縫いの実験に協力していただきました。お二人さん、ありがとう♪
どちらにも、カーブを含む生地の、端から1cmの所をミシンで縫っていただきました。


f0255754_20505855.jpg

↑こちらは、数年に1~2回使うか使わないか程度の、めったにミシンを扱うことのないAさんに縫っていただいたもの。
最初の頃は、直線縫いも結構曲がっちゃっていたAさんですが、最近は上達してまっすぐ上手に縫えるようになりましたよ(^^)
しかし…、やはりカーブはキツそうです(*_*;
カーブに差し掛かった時、一旦スピードを緩めればいいのですが、焦ってしまうとそれすら浮かばないようです。
「おおおーっ」と言いながらも、そのままの勢いで生地のカーブ部分を回そうとするのですがカーブがついていかず、結果このように…


f0255754_21315158.jpg

↑こちらは、ソーイング好きで時折小物を手作りするなど、ミシンの扱いに慣れているBさんに縫っていただいたもの。
カーブにも動揺を見せることなく、落ち着いて上手に縫ってくれました(^^)b さすが!



AさんとBさんの違いは、経験はもちろんですが、やはりカーブの時にいかに落ち着いてスピードを緩められるかだと思います。

緩めるだけでは心配というならば、一旦ストップしてもいいんですよ。ストップした後、深呼吸して落ち着いてから、ゆっくりのスピードで続きを縫いましょう。
一針二針縫ったらまたストップしてもいいんです。

以下のように、カーブ部分を全部手動でプーリー(はずみ車)を回して縫っても構いません。

↓カーブに差し掛かったら、一旦ストップ。
f0255754_22552896.jpg


↓何針か、プーリーを手前に回して手動で縫いましょう。プーリーを手前に1回転することで、1針縫うことができます。
f0255754_22553030.jpg


↓カーブの向きに合わせて生地をずらしたい時は、ミシン針が生地に刺さっていることを確認し(刺さっていなかったら、プーリーを手前に回して生地に刺さるまで針を下げる)、押さえを一旦上げて、生地の向きを調整しましょう。※「押さえ」がよくわからない時は、こちら(記事の後半)参照
f0255754_22553240.jpg

f0255754_22553424.jpg


↓向きを調整し終わったら、また押さえを下げて、
f0255754_22553743.jpg


↓何針かプーリーを回して手動で縫いましょう。
f0255754_22553951.jpg

f0255754_22554159.jpg


これを繰り返し、もう大丈夫そうだなと思ったら、再び自動で縫いましょう。



ただでさえもハードルの高いカーブ縫い。その上、バイアステープなどでの縁取り作業が入ってくると、本当に大変ですね(>_<)

↓自信のない方は、しつけ糸や布用仮止めノリなどでバイアステープを仮止めしてから、ミシンで縫うことをおすすめします。
もちろん、仮止めしてもスピードはゆっくりですよ!
f0255754_13374445.jpg

f0255754_13381025.jpg





※厚みのせいでミシンが止まってしまう時は、こちら参照

※縫ったミシン目をほどいて縫い直す方法は、こちら参照




↑こちらは、しつけ糸。きれいなカラーですね♪


↑こちらは、布用の仮どめペンタイプのり。塗るだけできれいに仮どめができ、便利ですね(^^)







いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリック↓お願いします!


人気ブログランキングへ

by bananamura | 2015-04-27 21:32 | banana の教え(無料テキスト)