<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ランチョンマット&コースター(オーダーメイドバージョンその1)

以前ランチョンマットとコースターのサンプルをたくさん作りましたが、教室を始めるお友達からご注文いただきました。ありがたいことです♪
発送前に完成品をご紹介します(^^)

今日はまず、近々パン教室を始めるお友達(yuchipan)からのオーダー品の紹介。

f0255754_17331249.jpg


表布には、パープル&ベージュのチェック地コットンリネン(オカダヤ)、グリーンの2本ライン入りリネン(生地の森)、ライトグリーンのドット地コットンリネン(ストロベリーコットン)を使用。裏布には、キナリの柔らかなダブルガーゼ(生地の森)を使用しております。


突然ですが、ここで問題です。
これらのランチョンマット&コースターを製作するにあたり、わたくし banana が一番時間をかけたのは次のうちどれでしょう?

①ハサミで布裁断
②まち針(banana の場合は洗濯バサミ使用)で布合わせ
③ミシンで縫製
④アイロンで折り目付け

正解は…………




④のアイロンがけです!意外でしたか?
ちなみに、かかった時間を割合にすると、①の裁断30%、②の布合わせ10%、③の縫製20%、④の折り目付け40%、ってな感じでしょうか。

本来はこれに加えて、デザインや生地の組み合わせを考えるのに相当の時間を費やします。最初が肝心ですからね。でも今回は、サンプルを参考に生地やデザインを選んでもらったので、その時間は入っていません。(サンプルを作る時に相当費やしたので)

さて、なぜこんなにアイロンがけに時間をかけたかという理由については…
次回、コーヒー&お菓子教室を始めるお友達(mon-favori おいしい珈琲のある暮らし)からのオーダー品の時に書きたいと思います。もったいぶって!!とお怒りの皆様、ごめんなさいm(><)m
(理由はこちら)

今回は、ソーイングの主役であるはずなのにわずか20%程度しか時間をかけてもらえないミシンでの、仕上げの作業についてでございます。

ランチョンマットでもコースターでも共通なのですが、2枚の布を縫い合わせて表にひっくり返し、アイロンで形を整えた後、最後の仕上げをどうするか悩みます。
でき上がり線より少し内側を一周、直線ミシン(ステッチ)で縫うか縫わないかということです。

f0255754_18132116.jpg

↑は、コースターです。左はステッチ無しのもの、右はステッチ有りのものですね。雰囲気の違いがわかりますでしょうか?
ステッチ無しの方は、仕上がりがふっくらしなやかな感じになります。
ただ、ひっくり返すために開けておいた返し口を最後に手縫いでまつらなければなりません。
ステッチ有りの方は、周囲全部に糸が入るので少し固めでしっかりした感じになります。ついでに返し口もミシンで縫い合わせてしまうので、手縫いは必要ありません。
ただ、この縫い目がアクセントになるわけで、直線がずれたり曲がったりすると一目瞭然です。

どっちもどっち、要するにどちらでもよいということです!だからステッチ有りにするか無しにするかは、使用した布によって、または自宅用か贈答用かによって、あるいはその時の気分次第で、お好みで決めればよいと思います。
banana もお好みで作らせていただきました。気に入ってもらえるといいです(^^)

f0255754_1814383.jpg

↑は、ランチョンマット。上のコースターと左右逆になってしまいましたが、ステッチ有りと無しの雰囲気の違いがなんとなくわかるかと思います。

f0255754_19583971.jpg

↑こちらは大きさも色も違うリネンのコースター。ステッチ有りと無し、あなたはどちらがお好み?


ここまでは、表布と裏布を2枚合わせるタイプのランチョンマット&コースターのことでした。
では、表布1枚だけの時はどうかというと、布端の処理というものが必要になってきます。

f0255754_1814235.jpg

↑は裏側をめくってみたところ。右は今まで書いてきた2枚合わせタイプ、まん中は1枚布でロックミシン(またはジグザグ縫い)使用、左は1枚布で三つ折り縫いです。他にもバイアステープでの処理等あります。

こちらに関して、詳しいことはまた別の機会に書きたいと思います。


使用した布↓










いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリックお願いします↓


人気ブログランキングへ

by bananamura | 2014-01-31 23:50 | banana めいど(自己作品)

マイミシン♪

整理整頓シリーズのオマケです。
整理整頓のことではありませんが、愛しいマイミシンについて(^.^)


f0255754_17455425.jpg


f0255754_17452954.jpg


f0255754_17521385.jpg



<コンピュータミシン>
いろいろ検討した結果、シンガーのモナミヌウというコンピュータミシンに決めました。

直線縫いで何枚もの厚手の生地を縫い合わせるには、かなりのパワーのあるJUKIのような職業用ミシンがベストです。欲しいのはやまやまですが、お値段がぐんと高くなるのと、多少は模様縫いができる方が幅が広がるかなと考え、コンピュータミシンの中でパワーのありそうなものを選びました。

重視したのは、7枚の送り歯と自動糸調子とフットコントローラーです。
これらの機能のおかげで、今まで使っていたミシンでの突然の糸切れや針折れ、いちいち面倒な糸調子の調節等がなくなり、快適そのものです!模様縫いもすいすい♪厚手の生地も、5、6枚なら余裕で縫い合わせることができます。
それからフットコントローラー。ずっとずっとほしかった!!前のミシンには付いておらず手でスタートストップボタンを操作するため片手で布送りをしなきゃいけない瞬間があり、縫い始めと縫い終わり、特に返し縫いの後のストップボタンにはストレスを感じていました。フットコントローラーだと足で自由に操作できて両手があくので、これまた快適です!

それに加えて、緑色のボタンがかわいいかったり、大型テーブルが標準装備で付いていたり、その他のおまけ(ミシン入門ガイドDVDやボビンや生地セット等)が多かったのもうれしかったです(^-^)DVDは初心者向けとありましたが、扱い方のコツ満載で、ミシン内部のいじり方等かなり突っ込んだ内容も多く、大変ためになりましたよ♪おまけに関しては期間限定だったらごめんなさい…

↓購入したのは、SC107という型番です。刺繍はできないタイプです。

迷ったのがこちら↓直線縫いに強いとのことだったので。上のシンガーミシンには大満足ですが、こちらにもやや未練が残ってます…。一度使ってみたいなぁ。



<ロックミシン>
そしてロックミシンは、TOYOTAの2本針4本糸のものにしました。
TOYOTAのミシンって珍しいですよね。自動車作りで培ったなんたらかんたらという技術を活かしたロックミシンだそうです。参考にならないですよね…

ロックミシンのことは実はあまりよくわからないのですが、1本針3本糸タイプと2本針4本糸タイプが主流みたいです。1本針3本糸が1本の直線縫いと2本でのかがり縫いなのに対し、2本針4本糸は2本の直線縫いと2本でのかがり縫いなので、ニット生地などをしっかり縫い合わせるのに適していますし、針を1本外せば1本針3本糸にもなります。そのため、お値段も2本針4本糸の方がお高めです。(解釈を間違えていたらすみません(>_<))
が、このロックミシンは2本針4本糸にも関わらずとにかくお安いのです!はっきり言えば、安さで決めてしまいました!一応レビューを見て評価がよかったからというのももちろんありますが。

実際使ってみて、仕上がりは十分だと思います。

ただ、布端をカットしながらかがり縫いした時の切り屑受けが付いていないので毎回掃除が大変です。(私は100均で買った箱を置いてます)
さらに自動糸かけでないので、糸を全部外してからの糸かけがとっても面倒です。あちこち開いてピンセット等も使用しないといけなかったりします。ですのでおすすめは、糸を全部外さず、糸を途中でカットして別の糸を結びつけるやり方です。このミシンに限らず他のロックミシンでもたぶんそうしている方が多いのではないかと思いますが(^^;
f0255754_17482971.jpg

さらにさらに、自動糸調子でないので、一旦糸調子がくるうと4つの目盛りを自力でピッタリ調節するのが大変です。ですのでおすすめは、最初に調節された状態で届くはずなのでその目盛りをメモしておく、または購入ショップに相談するのがよいと思います。(実際私はメモしておかなかったので、ショップに電話で聞きました(^^;)

等々、初心者には結構扱いづらいロックミシンだと思います。が、なんと言ってもこのお値段!!これまでどこかでロックミシンを使ったことがあり、いろんなことを承知で購入するなら、納得できると思います!

とにかく、ロックミシンがあることで、これまでジグザグ縫い等でやたら時間がかかり苦労していた布端の処理が、格段早くきれいにできるようになりました!!ニット生地の洋服等も、びっくりするほどあっという間にできちゃったりもします。もう手離せません!





いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリックお願いします↓


人気ブログランキングへ

by bananamura | 2014-01-28 18:06 | 整理整頓シリーズ

整理整頓(その4)

整理整頓シリーズ最終回です。たぶん…

必要な物がほとんど揃った作業部屋。
本当はもっと収納道具がほしかったり、収納方法や設置場所などもっと工夫したり、改善の余地はまだまだあるのですが、とりあえずソーイングしやすい環境にはなりました。

いろいろ揃えるにあたり、ケチなわたくし banana は、ずいぶんお得にお買い物したという自信があります!ですので、ご紹介したいと思います(^o^)v

f0255754_12594938.jpg


f0255754_1302970.jpg



一番大きな物としては、ミシン台2台と、以前にも紹介したラック2台です。


ミシン台は、あまりデザインにはこだわらず頑丈そうでお安いものを探した結果、椅子付き送料込みで1台5000円の物を購入しました。2台で10000円ですが、楽天カード新規入会ポイントなどをうまく利用し、ほとんど0円でした!!

椅子不要の場合はこちら↓


ラックは、送料込みで1台3180円とお安いのに、オシャレで大きさもあるものを見つけ、2台購入しました。丈夫さにはやや欠ける(といっても布を山ほど置いてますが)し、組み立てが面倒ではありますが、このお値段ならば納得です!

上と迷ったのがこちら↓上より高さが低めですが、折り畳み式のようです。




f0255754_1305365.jpg

↑こちらは作業スペース。IKEA で、ローテーブルを2台購入しました。 通常でも1台2490円というお安さですが、購入した時はメンバー価格となっており、なんと1490円で買えました!!2台でも2980円!!感激です!
色は、どちらにしようか迷った末、結局両方とも買いました。2台並べてみるとなんだか微妙…。同色2台にすればよかったかなと思いつつ、安かったからまあいいや♪


それから、上から2枚目写真の左下の方に見えているのは、同じくIKEAのアイロン台です。
ミシンとほとんどペアで使うと言っても過言ではないアイロン&アイロン台は、ミシンのすぐ隣にあるのがベスト。椅子に座ったまま、または立ってササッとかけられる高さと、一気にたくさんアイロンがけできる幅がほしかったので、ピッタリのものを見つけることができました。しかもこの幅と高さで、お値段なんと1490円!!ちょっと感動です!
ちなみにアイロンは、買えば5~6000円するようですが、クレジットカード(楽天カードにする前)のポイントでもらったものなので0円です(^-^)コードレスで使いやすいです。


その他、収納用のカゴ類、ボックス類、ファイル類、それから小物類、装飾品等々、ほとんどのものは100円均一(Natural Kitchen、セリア、ダイソー等)や300円均一(3coins)で購入しています。
詳細は、整理整頓シリーズ(その1)(その2)(その3)をどうぞ(^^)


使いやすいって、すばらしいことですね♪今後もこの環境を維持しながら、ソーイング生活を楽しんでいきたいと思います!





いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリックお願いします↓


人気ブログランキングへ

by bananamura | 2014-01-26 12:31 | 整理整頓シリーズ

スマートボディリュック

ずいぶん前に製作途中の様子をご紹介してから、長いこと放置していたボディリュック…。やっと完成しました。

f0255754_12432751.jpg

f0255754_12442939.jpg


パターン(型紙)は polka drops さん、 生地は4種類使用で、 Rick Rack さんやトーカイさんなどで購入しました。

とにかくパーツが多く、途中で投げ出したくなりました(実際途中で投げ出した)が、出来上がるとその仕上がりに大満足です(^-^)
使い勝手をとことん考えて工夫されており、細かい部分の微妙なカーブや傾きが、縫い合わせると絶妙なバランスとなって作品を引き立てます。やっぱりすごいなぁ、プロのパターンは。


f0255754_12452859.jpg

↑こちらは、ベルト部分に付いている携帯ポケットです。便利機能♪

f0255754_12455589.jpg


裏側をひっくり返すとこんな感じ。フロッキーでアクセントを付けてみました。縫い目の乱れは…裏側なので良しとしましょう。


今回初めて、ブタ鼻を使いました。パターンと一緒に polka drops さんでいくつか購入し、その中から一つ、一番ピンときたものを縫い付けました。

f0255754_12472774.jpg

f0255754_11493811.jpg


今ではどこへ言っても見かけるブタ鼻ですが、数年前まではそんなに見なかったですよね?ディズニーリゾートで、大量のブタ鼻付きリュックに大量のぬいぐるみバッジを付けて歩いている人を見て以来、ブタ鼻とはぬいぐるみやマスコットを付けるためのものなのかなと思っていました。が、何か違うような気がして…。そもそもブタ鼻って、本当にブタ鼻というものなんだろうか?
というわけで、調べてみました(^.^)

ブタ鼻とは→最近はデザインとしてリュック等に用いられるが、本来は登山用のリュックに付いており、名称はピッケルホルダーという。リュックに付いているピッケルホルダーの穴部分にウェブベルトというものを通し、そのベルトにピッケル(積雪時等に使うつるはしのような形の登山用具)をくくり付けられるので、両手に何も持たずに山登りができる。

なるほどなるほど、目からうろこです!!詳しくはこちら


ブタ鼻はこちらでも↓カラフルでかわいい053.gif







いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリックお願いします↓


人気ブログランキングへ

by bananamura | 2014-01-24 12:58 | banana 磨き(自己研鑽)

本年もよろしくお願いいたします♪

年末のご挨拶もしないうちに、新年が始まってしまいました(^_^;)
皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします040.gif


f0255754_1672054.jpg


f0255754_1684470.jpg



今、雪国にいます。
相変わらず、寒い…。でも、情緒があります。

f0255754_16213251.jpg

by bananamura | 2014-01-04 16:25