<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バルーンキャスケット

初めて帽子を作りました。

f0255754_17513825.jpg


パターン(型紙)は、Pattern Label (パターンレーベル)さんのバルーンキャスケット。
Pattern Label さんのパターンはずっと憧れていて、いつか必ず作ろうと心に決めていて、ようやく入手できました♪今後もいくつか登場予定です。
生地は、表地がリネン、裏地が若草色のチェックのコットンで、どちらも以前生地の森さんで購入したもの。

表地のリネンは、ランチョンマット&コースター(サンプルオーダーその1オーダーその2)の余り布です。ランチョンマット&コースターではどうしてもラインの入った耳の方を使うので、真ん中の無地の部分がたくさん余ってしまっていました。だから、使い途にちょうどよかったんです(^^)

f0255754_17527100.jpg

↑ブリム(つば)の部分に、ほんのちょっとだけ緑のラインを見せてみました。
それから、縁の部分に使用した手持ちのパイピングテープ(昔オカダヤさんで半額で購入したけどなかなか使う機会が見つからなかった)が、ちょうどいいことにこのグリーンのラインと相性ピッタリでした!
そこにアクセントとして、同系色の飾りピンも付けてみました。

f0255754_17524594.jpg

↑糸も、カーキ色でステッチを入れることで、統一感が出たと思います。


表地も裏地も結構くったりした生地なので、二枚合わせたところで、帽子としての張りみたいなものが出るんだろうか?と不安でしたが、出来上がると見事に帽子になりました!
バンドやブリムの部分にはもちろん接着芯を貼っていますが、生地や接着芯の厚み、接着芯を重ねる枚数、縫う手順など、テキスト通りに作っていくことによって絶妙なバランスが取れるのだと思います。

パイピングテープの上手な付け方についても、詳しく説明されていました。昔自己流に適当に付けた作品があり、このブログにもいくつか載せています(バトンケースとか)が、今それらの作品をよく見ると恥ずかしいったらありゃしない…。

そして、なんと言ってもこの帽子、デザインがかわいらしいんです♪
バルーンというくらいですから、ふんわりした丸みがあり、すっぽり深くかぶることができます。どんな頭の形にも合うように考えて作られているんだそうです。さすがです!
春先にちょうどいいので、今から楽しみだなぁ053.gif



使用した布↓








いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリック↓お願いします!


人気ブログランキングへ

by bananamura | 2014-02-26 19:35 | banana 磨き(自己研鑽)

きちんとカーデ&ギャザータンク&サニーワンピース

同じニットの生地( Rick Rack さんのバーゲンで購入した二種類)を使用して、一気に作った洋服三点をどどんとご紹介♪



まずは、「きちんとカーデ」↓ パターンは polka drops さんです。

f0255754_17375257.jpg

f0255754_1738671.jpg

生地とデザインがマッチして、お気に入りの一点に仕上がりました♪
特に衿の部分が、簡単にできるのに名前の通りきちんとしていて、仕上がりを見て嬉しくなりました(^_^)作り方、なるほどね~と唸ります。



続いて、「ギャザータンク」↓ こちらも同じく polka drops さんのパターン。

f0255754_17384774.jpg

f0255754_1739479.jpg

「きちんとカーデ」の生地をヨーク部分にのみ使用し、他は全部同色無地の接結ニット地を使用しました。

※ヨークとは→衣服のパーツの一つで切り替え布ともいう。装飾や補強等のために用い、主に、肩と首の周りを覆う肩ヨークと、腰の周りを覆うヨークスカートがある。
※接結とは→二重織り組織で、表地と裏地の2枚の織物や編み物が離れないように糸で留めてある素材のこと。

色が合っているので写真ではわかりづらいのですが、ヨーク部分の生地と接結ニット生地は組み合わせが今一つでした(*_*)作っているうちに薄手のヨーク部分が接結ニットの重みに引っ張られ、若干伸びてしまいました。つまり、サイズがちょっと大きめになってしまっています。反省…



最後は、「サニーワンピース」↓ こちらは Rick Rack さんのパターン。別の生地で既に一度作ったことがあり、今回二度目です。

f0255754_17393049.jpg

f0255754_1746314.jpg

「ギャザータンク」で使用した接結ニット生地をたっぷり使い、袖口の折り返しと裾部分に「きちんとカーデ」の生地をアクセントとして使用しました。そしてワンポイントに、白のフロッキーをちょこっと付けてみました。
「ギャザータンク」での生地の組み合わせは失敗でしたが、こちらはメインとなる接結ニット生地がどっしりしていてとても温かく、今すぐ着用したくなります♪
作りながらあれこれかなりアレンジしてしまったので、前回作った物とは全く雰囲気の異なる、ワンピースとは程遠いトレーナーのようなものが出来上がりました(^_^;)



今回の一気にどどんと三点製作ですが、コットン100%の良いニット生地を使ったにもかかわらず、バーゲンで半額だったのもあり、三着合わせても2000円かかっていません!

そしてこの三点、裁断から縫製の仕上げまで約二日間でできました!
同じ生地を使用したことも大きいですが、やはりロックミシン様(→こちら参照)のお力は相当なものですね~\(^^)/大切に扱おうと心に誓いました053.gif





いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリックお願いします↓


人気ブログランキングへ

by bananamura | 2014-02-17 17:50 | banana 磨き(自己研鑽)

今後の banana

こんにちは。 banana 村在住の banana です。秘密を一つ明かすと、banana 村は横浜市にあります(^^;

雪が降り続いていますね。
banana は雪国生活が長かったので、ビビりも興奮も全くないのですが、こちらで大雪になると交通に支障をきたすのでいろいろ困りますね002.gif
娘の bananyan は、三度の飯より大好きなバトンのレッスンに行けず、がっくりと肩を落としています。張りきって作った友チョコも今日は渡せず、気の毒に…。

そう、今日はバレンタインデーですね(^^)
今年の自分用チョコ↓今年も幸せ016.gif

f0255754_9543838.jpg

そして、夫の banataro 用↓自分用よりも安いっす044.gif

f0255754_10294982.jpg

注:納豆ではありません、チョコです。ドッキリ仕掛けましたがイマイチだった…


昨年のちょうどこの日から、banana のブログは始まりました。あれから一年、あっという間ですね。
まだまだ足りないし未熟者ではあるけれど、この一年で自分なりに学んだことは大きかったなぁと思います。
また、考えることもたくさんありました。大好きなソーイングで何かしたい、何かできないかと。

そして、一つの決断をしました。
必要としてくださる方に、自分なりのお手伝いをしたい。それは、テキスト(作り方)やパターン(型紙)を提供することだったり、需要のある作品を提供することだったりします。
例えば、こちらのブログにきてくださる方の中には、たくさんの方が手作りバトンケースの作り方や型紙を求めていらっしゃいます。また、ご自分でお作りにはならないけれど手作りのバトンケースを欲している方もいらっしゃいます。そういった方々に、テキスト&パターンやオリジナル作品を販売することで喜んでいただけたら、それは banana にとっても至福の喜びとなります。

そんなことを実現したいなぁと思い、ちょっとずつではありますが準備を進めております。4月頃には、そのようなお店(ネットショップ)が始められるといいな(^^)

とは言っても、洋裁の学校に行っておらず、ほんの少しソーイング教室には行きましたがほとんど独学で、まだまだ知らないこともたくさんの banana です。
そんな banana にできること、教えられることは、ザ・ど素人だった自分の経験をもとに超初心者目線で、初心者の方がわからないことを懇切丁寧に表現することだと思っています。
販売の前に、今後少しずつこちらのブログでも、初心者の方向けにソーイングのことを書いていきますので、興味のある方はぜひお立ち寄りくださいませ(^-^)


販売に向けて早く集中したいと思いつつ、その前にどうしても作っておきたいものがまだいくつかあり、今、一気に怒濤の製作に取り組んでおります。近日中にご紹介したいと思います♪




いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリックお願いします↓


人気ブログランキングへ

by bananamura | 2014-02-14 23:46 | banana 物語(自己紹介)

ランチョンマット&コースター(オーダーメイドバージョンその2)

前回の続きです。

今回は、コーヒー&お菓子の教室を始めるお友達(mon-favori おいしい珈琲のある暮らし)からのオーダー品を紹介します。


f0255754_11101681.jpg


表布には、パープル&ベージュのチェック地コットンリネン(オカダヤ)、ブルーとグリーンそれぞれ2本のライン入りリネン(生地の森)を使用。裏布には、キナリのしっかりしたラミーリネン(生地の森)を使用しました。
前回の、パン教室を始めるお友達(yuchipan)からのオーダー品と大きく違う点は、裏布側にフォークやスプーン等を入れられる部分が付いているので、ひもでくるくる巻けばカトラリーケースにもなるということです。


さて、前回書いたように今回は、これらのランチョンマット&コースターを製作するにあたり、アイロンがけにやたら時間を費やしたという話です。

ランチョンマット&コースターに限らず、ソーイングの過程にはアイロンをかける場面が何度も出てきます。水通しした後(裁断の前)、折り目付け、仕上げ等々。
なぜアイロンをかけるかと言えば、きれいに仕上がるのはもちろんのこと、素早く折り目を付けられるといったように時間短縮目的でもあります。逆に言えば、仕上がりと時間にこだわらなければ、アイロンがけしないのももちろんOKです。代わりに爪を使ったりヘラを使ったり、なんとかなるものです。実際、アイロンをかけられないナイロン等の素材もありますからね。

とは言えどもわたくし banana は、かけられる素材であればアイロンを使う派です。ましてや、ご注文いただいた品物であれば尚更です!

というわけで、できるだけ丁寧に何度もアイロンがけしたのですが、特に念入りにしたのが、割りアイロンというものです。


ランチョンマットのカトラリーを入れる部分は、2枚の同じ生地をつなぎ合わせて1枚の布にしており、ここを切り替え部分と言います。

f0255754_142911100.jpg


切り替え部分を裏から見ると↓のように、アイロンの先端で縫い代を左右に開くように折り目を付けています。これを、割りアイロンと言います。

f0255754_14285979.jpg


表から見ると↓この通り、割りアイロン有りの場合と無しの場合では、仕上がりに差が出ますね。割りアイロンをかけると、2枚の布がきれいに平らにつながります。この状態を見ると、なんだかスカッとした気分になるので、banana は割りアイロン大好きです♪

f0255754_1430894.jpg



でも今回 banana が時間をかけたのは、この切り替え部分ではありません。
ではどこかと言うと、2枚の布を中表に合わせ、返し口を残して周囲を縫った後の4辺の縫い代部分です。ここに割りアイロンをかけるのは至難の技です。
が、後々のことを考え、どうしても割りアイロンしたかったんです!

そこで、試行錯誤した結果、アイロン棒なるものを作りました(^^)
と言っても、いらなくなった割り箸2膳に、そこらへんにあったハギレをそこらへんにあったゴムひも(輪ゴムはNG!アイロンかけたらとけてしまいます)で巻きつけただけですが…

このアイロン棒を返し口から入れ↓

f0255754_14334885.jpg

縫い代に沿わせて割りアイロンしていきます。

f0255754_14345486.jpg

f0255754_14311473.jpg

要するに、アイロン台代わりの細い棒です。これが思いのほかすいすい割りアイロンでき、大変役にたちました(^^)v


4辺全て割りアイロンした後、返し口から表にひっくり返します。

f0255754_14314277.jpg

↑割りアイロンをしておくと、やはり布同士が平らにつながっています。こうしておくと、この後の作業がかなり楽になります。
割りアイロン無しの場合は、縫い目がくぼみ、左右の布がふくらんでいますね。

この後、折り目を整えるために更に表からアイロンがけしますが…

f0255754_1442206.jpg

↑割りアイロン無しのものは、くぼんだ縫い目を引っ張り出しながらアイロンがけしなければならず結構大変です。キッチリ折り目を出し切れず、寸法がやや小さくなってしまうこともあります。


f0255754_14424757.jpg

↑割りアイロン有りのものは、アイロンを乗せるだけで楽々きれいに折り目がつきます。ほぼ縫い目通りに折り目がつくので、寸法もキープできます。


そこで、縫い代の割りアイロン無しで仕上げたものと割りアイロン有りで仕上げたものを並べてみると…

f0255754_18203675.jpg

左は割りアイロン無しのサンプルとして作ったもの、右は割りアイロン有りのオーダー品。
模様は違いますが、全く同じ大きさになるように作ったはずです。が、左の割りアイロン無しは結構寸法が小さくなってしまっています。おまけに、直線であるはずなのにすごい歪み!自分でもビックリです!
更に、角(かど)出しも丁寧にしていないので四隅がまるっこく、いかにも気合い入ってない感じがよくわかりますね~f(^^;

しかし!!娘の bananyan にどちらが好みか聞いてみたら、左の割りアイロン無しの方がいいとのこと。丸みがあって、かわいらしいからだそうです。

そうなんです。人は自分が思うほど細かいことを気にしないんです。だから、割りアイロン有りか無しかはどちらでもいいんです!
要するに、前回のステッチを入れるか入れないか同様、どんな仕上がりにしたいのかによって、または自分用か贈答用かによって、あるいはその時の気分次第で、お好みで作ればよいのです(^^)


アイロン棒を用意するのは面倒…。だけど割りアイロンはかけたいという場合は、↓のように、縫い代を片方ずつアイロンで折りあげる方法もあります。これはこれで面倒ですが…。

f0255754_14324966.jpg



最後に、今回大変役にたったアイロン棒↓コースター用に小さいのも作りました。役にたったご褒美に、 bananyan が顔を書いてあげました。ますます使いたくなるっ♪

f0255754_1828248.jpg




使用した布↓






使用したタグ↓




こんなのもあります↓上とおそろいで使うとかわいい♪






お友達の教室に興味のある方は、ぜひブログをのぞいてみてくださいね(^^)↓↓
パン教室 yuchipan
コーヒー&お菓子教室 mon-favori おいしい珈琲のある暮らし




いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリックお願いします↓


人気ブログランキングへ

by bananamura | 2014-02-10 00:53 | banana めいど(自己作品)