仮どめ用クリップとまち針

f0255754_23335994.jpg

banana がミシンで本縫いする前の仮どめによく使うのは、写真のようなソーイング用の仮どめクリップです。クリップに目盛が付いています。

クリップは、ラミネートやナイロンなど穴を開けたくない生地の時に、まち針のかわりに使うと便利というものです。が、手軽なので、穴が開いても別に問題ない生地の時でも banana はじゃんじゃん使っています。
ソーイング用でなくても、しっかり挟むバネの力があれば一般のものでもOKです。

基本的には、まち針の方がしっかり仮どめできてずれにくいです。特に、小さめのカーブなどは。
でも、まち針でとめるのって案外コツが必要で、ずれないようにまち針でとめたはずが逆にずれてしまった(;_;)ということも、ありましたなぁ、かつては…。

まち針でもクリップでも、お好みでお使いいただいて構わないと思います。ただ、どちらにしても、数はたくさんあった方がいいですよ!



<クリップ編>


↑ banana が使っているもの。小ぶりで邪魔にならず、重宝しています。


↑この長さのもの、欲しい!ポケットを仮どめしたい時など、かなり便利だと思います。


↑たくさん入ってます~♪これくらい持っていればとりあえず安心(^^)( banana はこの2倍くらいは欲しいですが)



<まち針編>


↑ banana が使っているもの。コンパクトで扱いやすく、パステルな感じが好きです。


↑そしてこちらは、マグネットタイプのピンクッション。あまりの可愛さに一目惚れして、即入手♪散らばってしまったまち針を、あっという間に集められます!ほんの少し(20本くらい?)、まち針も付属しています。


↑こんなものも発見!こちらもマグネットピンクッションです。こちらのお店には他にも、お洒落なマグネットピンクッションがたくさん揃っていますよ♪


↑こちらも上と同じお店のマグネットピンクッション。全部のアルファベットが揃っています。見ているだけで楽しくなりますね♪




f0255754_013564.jpg

まち針やクリップ以外にも、布を仮どめする方法はいろいろあります。
しつけ糸、仮どめミシン、仮どめのりなどなど。

仮どめのりは、ポケットの仮どめやカーブ部分の縁取りなどに使うと、手軽でとても便利ですよ。
スティックタイプやペンタイプ、スプレータイプなどがあります。



<のり編>


↑こちらは、布用の仮どめペンタイプのり。塗るだけできれいに仮どめができるので、重宝しています。







いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリック↓お願いします!


人気ブログランキングへ

# by bananamura | 2015-04-22 00:29 | banana の教え(無料テキスト)

持ち手テープの選び方と応用

テープと言っても、その種類は数え切れない程あります。
持ち手用として使用できるテープに限っても、たくさんありますね~。
さらに、そのテープにお好みの生地でウラを付けたりすれば、種類は無限に広がります。

では、いったいどんなテープを付ければいいのか?

持ち手というくらいですから、あまり薄っぺらなテープでは、使っているうちに切れてしまうかもしれません。薄っぺらなテープを使いたければ、ウラをつけた方がいいでしょう。(ウラの付け方は、テキストp.4 参照)

かといって、分厚すぎるテープは丈夫でいいけれど、そもそもミシンで縫える限界の厚さを超えている可能性も…。

正解は、無いのです…。
ご自分がお持ちのバッグや小物を参考に、持ち手としてご自分の許容範囲に当てはまる厚みや素材で選んで構いません。一番いいのは、実物に実際に触れてみることだと思います。

幅も、細いものから広いものまで、これまたいろいろありますね。
写真↓は、2.0cm幅のものと2.5cm幅のものばかり、参考までにいろいろと並べてみました。

f0255754_2359777.jpg


テキストでは、2.0cm幅の持ち手を使用しての付け方を記載していますが、2.5cm幅の持ち手も使用できますよ!(3.0cm以上は、ちょっと合わないと思います)
2.5cm幅の持ち手を付けたい時は、テキスト内の作り方(1)の④で、テープ付け位置の内側2ヶ所に持ち手の内側を合わせましょう。外側はテープ付け位置からややはみ出ますが、気にせずクリップなどでとめて、ミシンで仮どめしてくださいね。
f0255754_2251063.jpg


また、ご使用の生地(厚手の方ではなく薄手の方)を用いて、持ち手を作ることもできますよ!
ご使用の生地をタテ約15cm(お好みで多少増減OKです)×ヨコ8cmに裁断し、タテに四つ折り(外表)したものに、両端から0.3cm位の所にステッチをかけるだけです。
わざわざ持ち手用のテープを購入しなくても、余り布でできるのでお手軽ですね。
f0255754_2363999.jpg




テキストに付属の~アレンジのヒント~も参考に、オリジナルの持ち手作りにもぜひ挑戦してみてくださいね(^o^)
ますますソーイングが楽しくなることでしょう053.gif






↑こちらは、20mm幅の杉綾テープ。コットン100%で、カラーが豊富ですね。やや薄手。


↑こんなテープもあるのですね、初めて見ました。25mm幅の、リバーシブルの持ち手テープ。丈夫で見た目もグッド(^^)b 市販のカバンテープ(アクリルテープ)同様、やや厚みがありますので、ご注意を。






いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリック↓お願いします!


人気ブログランキングへ

# by bananamura | 2015-04-21 00:00 | banana の教え(無料テキスト)

内ポケットのアレンジ方法

彫刻刀ケース1(ふちどりタイプ)の内ポケットは、付けても付けなくても、どちらでもお好みで構いません。

内ポケットを付ける場合は、ご使用の生地の中の薄手の方で作ってくださいね。厚手の方(キルティングなど)で作ると厚みが出すぎて、肝心の本体を縫いづらくなってしまいますので。

メッシュ窓の有無も、お好みです。
ただ、メッシュ窓を付けることにしたけれど、メッシュ生地が余ってもったいない…という場合があるかもしれません。
そんな時には、内ポケットもメッシュ生地で作ってしまうという手がありますので、以下にご紹介しますね(^^)


1.内ポケットの型紙をメッシュ生地の上に置いて、裁断します。この時、メッシュ生地を「わ」にせず、そのままの形で1枚裁断すればOKです。
f0255754_22511825.jpg


f0255754_22512087.jpg


2.テキスト内の作り方(1)の①は省略し、その代わりに、上辺(「わ」になるはずだった所)に13.5cmのバイアステープ(余分に用意する)を縫い付けて、縁取りします。(テキスト内の作り方(2)の③を参照。ただし目立たない直線部分なので、こんな面倒な方法を取らなくても、バイアステープで上辺を挟んでダイレクトに縫い付けてもOK!やりやすい方法でどうぞ。)
f0255754_22512386.jpg


3.2でできた内ポケットを、本体後ろ(内布)のノッチに合わせてクリップ等で仮止めします。この時、下辺の端から1cmを内側に折り込みます。
f0255754_22512663.jpg


4.内ポケットの上辺以外の部分に、コの字型に、端から0.5cmのステッチをかけます。
f0255754_22512947.jpg



いかがでしょう?簡単にできそうですよねp(^-^)q
ご興味のある方は、ぜひ挑戦してみてくださいね!






いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリック↓お願いします!


人気ブログランキングへ

# by bananamura | 2015-04-20 14:36 | banana の教え(無料テキスト)

押さえの取り替え方

ミシンの押さえとは、送り歯で布を手前に送る際に、布が浮いてしまわないように押さえている部分です。縫う時は、押さえレバーを下げて、押さえを布に密着させて縫いますよね。
押さえが布を押さえてくれているからこそ、送り歯で送った布にミシン針が上下することで縫うことができます。

押さえにはいろいろな種類があり、場に応じて押さえを使い分けると、とても縫いやすくなったり、特殊な縫い方ができたりします。

でも、押さえを替えるのって、なんだか難しそうだし面倒だな…と思ってしまっている方、結構多いのでは?
実は、押さえを替えるのはとっても簡単です!使わないのはもったいないですよ(^^)

今回は、押さえの取り替え方について書いていきたいと思います。


f0255754_1234580.jpg


※どのタイプでも、まず必ずミシンのスイッチをOFFにし、押さえレバーとミシン針を一番上まで上げてから、取り替え作業をおこなってください!


◎押さえのみを取り替えるタイプ

面倒くさがりやさんには、断然このタイプをおすすめ。わずかワンプッシュで取り替えられますよ♪便利なものがたくさん!

f0255754_23371345.jpg

↑このタイプの押さえの例(他にも多数あります)


①左手で押さえを持ちながら、右手で解除ボタンを軽く押し上げます。ちなみに、ミシンにもともと付いているこの押さえは、ジグザグ押さえといいます。(お使いのミシンによって種類や名称が異なる場合があります)
f0255754_1244022.jpg


②押さえのピンが、ホルダーの溝から簡単に外れます。
押さえを取り付ける時は、解除ボタンを押し上げながら、押さえのピンをホルダーの溝にはめ、そのまま解除ボタンを離せば固定されます。
f0255754_1245960.jpg



◎ホルダーごと取り替えるタイプ

ちょっと特殊な押さえに多いタイプ。こちらの取り替えには、一生関わらない方が多いかもしれませんが、念のため。

f0255754_23375830.jpg

↑このタイプの押さえホルダーの例(他にも多数あります)


①右手で押さえホルダーを持ちながら、左手でドライバー(たいていのミシンに付属)を回して、止めネジをゆるめます。
押さえのみを外せるタイプならば、上記の方法で先に押さえを外しておいた方がやりやすいです。
f0255754_1253341.jpg


②写真では完全に止めネジを外してしまっていますが、ホルダーが外れるところまでゆるめればOK。ホルダーを外します。
f0255754_1255744.jpg


③押さえホルダーを取り付ける時は、止めネジの部分に突き当たるまで持ち上げます。ドライバーで止めネジをしめて、しっかりと固定します。
f0255754_1261962.jpg




押さえを取り替えるというちょっとした一手間で、ソーイングがぐんと楽になるはずです。
ぜひ挑戦してみてくださいね(^o^)






いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリック↓お願いします!


人気ブログランキングへ

# by bananamura | 2015-04-18 00:21 | banana の教え(無料テキスト)

ラミネート生地との闘い方

ラミネート生地。
それは、ソーイング初心者にとって、憧れでもあるが、高いハードルでもある…。 by banana


見た目が既製品っぽくなり、耐水性もあるラミネート生地を、使いこなせたら嬉しいですよね~012.gif
しかし、そんなに簡単に言うことを聞いてくれないのが、ラミネート生地です。

ラミネート生地とは、綿や麻などの生地の表面に、透明のフィルムを貼り付け加工したものです。ビニールコーティング生地(表面に光沢剤を塗布加工したもの)とは厳密には異なりますが、だいたい同じような見た目と質感なので、ここではまとめてラミネート生地とさせていただきます。
(ちなみに撥水性ナイロン生地とは、そもそも水に強い合成繊維であるナイロンに、撥水効果のある薬剤を塗布したもの。ラミネート生地とは別物ですが、若干縫いづらく熱に弱いという点では共通なので、こちらの記事が参考になるかもしれません。)

つやの少ないマットなものならまだましなのですが、つやつやとテカリのあるラミネート生地は、何の対策も無しに挑むと、おそらく疲れ果てると思います\(>_<)/

なぜならば、テカテカ加工のせいで生地のすべりが非常に悪く、生地がなかなか動かない(送られない)!
だから、2.5mmに設定したはずのミシンの縫い目が1.5mm、1mmとだんだん狭くなり、しまいには、ミシン針が同じ針穴をひたすら上下して糸が絡まってしまうという悪循環…。(最悪の場合、針が折れます(ToT) by 経験者 banana)

経験されたことのある方、結構いらっしゃいますよね?
でも、あきらめることはありません!対策を取ればいいのですよ(^^)

ここでは、ラミネート生地と闘う、いや、仲良くなる方法をいくつかご紹介します。

(ちなみに banana は、つやつやテカっているのだから、すべりが悪いんじゃなくてすべりやすくて困るんだろうな…と、かつては思ってました。縫ってみたら全く逆で、びっくりしましたー(^^;)えへ)


◎シリコン剤を塗る

f0255754_203216.jpg

banana が初めてのラミネートでつまずき、心折れそうになりながら駆け込んだ手芸店で紹介していただいたのが、シリコン剤でした。

ミシン針や押さえの裏側に塗って、すべりをよくするものです。
手芸店の店員さんいわく、「生地にも直接じゃんじゃん塗っちゃっていいですよ~」ということだったので、じゃんじゃん塗りまくりながら縫いました。なつかしい思い出…。

塗り跡はすぐに乾いて見えなくなるので、販売用ではなく家庭用の作品であれば、塗りまくっても大丈夫だと思います。



↑こちらはシリコン剤。あちこち塗りましょう!


↑こちらはシリコンスプレー。 banana は使ったことありませんが、「ラミネートにシリコンスプレー」とよく耳にします。


◎押さえを替える

f0255754_21315310.jpg

すべりの悪い生地を送りやすくするために、フッ素樹脂加工の「テフロン押さえ」というものがあります。
通常使っているミシン押さえをこのテフロン押さえに替えると、だいぶすべりがよくなります。

※押さえの替え方については、こちら参照



↑こちらはとにかく簡単に取り替えられるので、面倒くさがりな方におすすめ。ただし、取り付けられないメーカー(ジャノメ)や機種があるので、ご注意を。


↑こちらは、ドライバーなどを使ってホルダーごと取り替えるもの。こちらも取り付けられないメーカー(ジャノメ、JUKIなど)や機種があるので、やはりご注意を!

ジャノメミシンをお使いの方…、なんだかことごとくすみません(._.) きっとジャノメ専用の押さえが必要なのでしょうね。探してみてくださいね。


◎マスキングテープを貼る、余り布などを乗せる

マスキングテープや余り布などは、わざわざ購入しなくてもおそらくご家庭にある場合が多いと思われますので、一番手軽な方法なのではないでしょうか?

f0255754_23125635.jpg

↑手っ取り早いのは、押さえの裏側にマスキングテープを貼ることです。上記のテフロン押さえの代用ですね。すべりがだいぶよくなるはずです。
それから、テカテカの面を下にして縫う場合は、針板に貼り付いて動かなくなってしまうことがあるので、針板にもマスキングテープを貼るといいですよ。

f0255754_18555549.jpg

↑写真の赤矢印のように、ラミネート生地の端ではなくど真ん中にステッチを入れる場合、マスキングテープを2本貼ってその間を縫うと、すべりがよくなる上に、まっすぐに縫うことができて、一石二鳥です(^^)
ラミネート生地ではない普通の生地にも使える方法ですね。

f0255754_21332816.jpg

↑こちらはラミネート生地の端に縁取りをしている所ですが、テカテカが邪魔をしてミシンがうまく進みません。

f0255754_18565119.jpg

↑そんな時には、テカテカの面の上に綿や麻などの余り布を乗せ、押さえに挟み込ませるようにして縫う方法もあります。
余り布の代わりに、コピー用紙などでもOK!もちろん、マスキングテープを貼ってもOK!


◎できれば、ミシン糸とミシン針を太いものに替える

上記のいろいろを試してみて、もう十分縫えるようになったという方は必要ありませんが、まだ針折れなど心配な方は、ミシン糸とミシン針を厚地用のものに替えましょう。
厚地用のミシン糸(30番)、ミシン針(14号以上)を使用するとよいでしょう。

※ミシン糸とミシン針については、こちら参照
※ミシン針の替え方については、こちら参照


他にも、調べるといろいろ出てくると思います。
ラミネート生地を何度か扱っているうちに、オリジナルの対策をひらめいたりするものです。ぜひたくさんチャレンジして、ラミネート生地と仲良くなってくださいね(^o^)



◎らみ~ちゃん

ところで、お気に入りの普通生地を、アイロンを使って自分でラミネート生地にすることができる、「らみ~ちゃん」なるものをご存知ですか?

ただでさえも縫うのに苦労するラミネート生地なのに、生地をわざわざラミネート加工なんて、誰が一体こんな面倒な作業をするっていうの?

… banana だよ。

超面倒 ┐( ̄ヘ ̄)┌ と思う気持ちとは裏腹に、やってみたくて仕方ない衝動に駆られ、試したことがあります。(→ 初代彫刻刀ケース)
面倒だったし、きれいに貼るのが結構大変でした。でも、なんだかすごく楽しかったです。最後に紙を剥がす時なんか、特にp(^-^)q

ラミネート加工することで、くたっとした生地に張りと強度をもたせることもできます。
普通は生地の表側に貼って加工しますが、生地の裏側に貼ってみるのもなかなかいいですよ(^^)




↑つやありタイプとつやなしタイプがあります。つやありタイプは光沢テカテカ、つやなしタイプはマットな感じに仕上がります。






※ラミネートのように生地に穴を開けたくない時に、まち針のかわりに使用するクリップについては、こちら参照(普通の生地の時でもじゃんじゃん使ってますが ^^;)

※厚地が縫いづらい時には、こちら参照





いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリック↓お願いします!


人気ブログランキングへ

# by bananamura | 2015-04-16 19:25 | banana の教え(無料テキスト)