接着芯とキルト芯(その2 キルト芯について)

前回は、接着芯についてまとめました。
今回は、キルト芯について(^^)


◎ キルト芯

キルト芯も、すばらしいです!

接着芯と同じようにお手持ちの生地に貼り付ける(または縫い付ける)ことで、ふっくらとした厚みをもたせる役割をするのが、キルト芯です。キルト綿とも言われます。簡単に言うと、中綿のことです。
市販されているキルティングの生地は、最初から、生地の間にキルト芯(中綿)を挟んで縫い合わされた状態で売られていますね。

テキストに「キルティングの使用をおすすめ」とあったら、市販のキルティング生地の代わりに、お気に入りの生地にキルト芯を貼り付けて(または縫い付けて)使用することで、同様に製作することができますよ(^^)

でも、接着芯よりはちょっとレベルが高めですので、接着芯の貼り付けを経験されてからの挑戦をおすすめします。

f0255754_23101251.jpg




<キルト芯の貼り付け方>

キルト芯は大きく分けると、アイロン接着タイプ(片面、両面)、接着しないで縫い付けるタイプに分かれます。

縫い付けるタイプは、市販のキルティング生地によく見られるように格子状に縫いとめたり、パッチワークに用いられることが多いです。しかし、こちらの使い方は奥が深すぎて初心者様には難易度が高いです…。
それから両面アイロン接着タイプは、表地と裏地をいっぺんにくっ付けるのに手っ取り早いのですが、両面きれいに貼り付けるにはかなりのコツが必要です。

というわけでここでは、 banana がよく使う片面アイロン接着タイプのキルト芯の貼り付け方について書きますね。


※ご使用の生地に貼り付ける前に、必ず切れ端で試し貼りをしてくださいね!生地によっては、アイロンの熱で溶けてしまったり(ラミネートやナイロンなど)、縮みやすい素材だったりすることがあるので、確認しましょう。


キルト芯によっては、アイロンをかけると若干縮むものがあり、そのキルト芯と共に生地の方も縮んでしまうことがあります。接着芯よりもキルト芯の方が、熱による縮みがより大きいようです。
ですので、キルト芯を貼り付けた後に、型紙を乗せて裁断した方がベストです。


理想の手順↓

1.型紙の大きさより少し大きめ(1cm位)に生地とキルト芯をざっくりと切っておく
f0255754_23101520.jpg



2.生地の裏側にキルト芯を貼り付ける

①まずキルト芯を貼る前に、生地の裏側からアイロンをかけて生地全体のシワを取り除きましょう。
ここでシワを除いておかないと、キルト芯を貼り付けた時にシワがそのまま残ってしまいますよ!

②次に、キルト芯の接着面(テカリがある方、またはざらつきがある方)を下にして生地の裏側に乗せ、あて布(余った布やハンカチなど)をかぶせます。
f0255754_23101962.jpg


中温(130~150度)のアイロンを、あて布の上から10秒位押し当てるようにします。移動する時はアイロンを滑らせず一旦離し、上から押し当てるのを繰り返し、ゆっくり少しずつ移動しながら、まんべんなく生地に接着させていきます。
なるべく中央から外側へ、空気を外へ押し出すように移動させていきましょう。
f0255754_23102222.jpg


ここでテキトーにすると、後になってあっさりと剥がれてきてしまうので、しっかりていねいにアイロンをかけましょう。
ただ、しっかり貼り付けるのは大事ですが、せっかくふっくらしている厚みをあまり押し潰さないよう、少し加減してくださいね。霧吹きでさっと水を吹きかけてからアイロンをかけていくと、軽く押し当てる程度でも密着しやすくなります。

全面にかけた後、生地の表側を確認し、シワなど気になるようなら表側からもアイロンをかけて整えます。

③アイロンをかけた後は、冷めるまで動かさずにしっかり冷ますことで密着します。
逆に、貼り付けに失敗して剥がしたい時は、アイロンで熱を加えて熱いうちに手早く剥がせば、比較的剥がれやすいでしょう。そんなこと、無いに越したことはありませんが…。


3.型紙を乗せて正確に裁断する
f0255754_23102536.jpg



生地が縮んでしまうと、サイズや合印の位置がずれて製作に支障をきたすので、ちょっと面倒ではありますが、このような手順で接着・裁断しましょう。


f0255754_23102885.jpg

↑キルト芯を貼り付けると、薄っぺらかった生地がこのようにふっくらした生地に変身します(^^)



<キルト芯と裏地>

接着芯同様、キルト芯を付けた生地は張りや厚みが出るので、その生地1枚だけで使用することも可能ですが、生地の裏側はキルト芯むき出し状態です。
別に気にならないという方はそのままでもOKですが、一般的には裏地(裏布、内布ともいう)を付けて、キルト芯を隠すことが多いと思います。

生地にキルト芯を接着後、市販のキルティング生地のように格子状に縫い付ける必要はありません。
ただ、裏地を付けるのであれば、表地(キルト芯接着済み)と裏地を外表に重ねた状態で、何ヵ所かステッチを入れるなど縫い合わせる過程があると、よりしっかり付けられて安心ですね。
f0255754_18554438.jpg




<キルト芯の種類>

では、キルト芯にはどんな種類があり、どれを使えばいいか?
一言で言うと、キルト芯にもやはりいろいろあります。ありすぎます…。

接着の方法で分けると↓
・アイロンタイプ(片面、両面)
・接着しないで縫い付けるタイプ

売られている形状で分けると↓
・パックタイプ(ある程度の大きさに切ったものを折り畳んだ状態で、パックになって売られている)
・切り売りタイプ(生地と同じようにロール状に巻かれていて、必要な分だけ切り売りされている)

厚みで分けると↓
・厚手タイプ(4mm位~8mm位、それ以上の極厚タイプもあり)
・中厚手タイプ(2mm位~5mm位、厚手と薄手の中間)
・薄手タイプ(1mm位~3mm位、それ以下の極薄タイプもあり)

密度で分けると↓
・高密度タイプ(目が詰まってしっかり)
・中密度タイプ(高密度と低密度の中間)
・低密度タイプ(目が粗くてふわふわ)

素材で分けると↓
・綿100%タイプ(天然素材特有の風合いと安心感だが、お値段ややお高め)
・ポリエステル100%タイプ(キルト芯に多く使われ、お値段お安めだが、やや伸びやすい)
・ドミットタイプ(片面が不織布等で網状に加工され、密度高めで伸びにくく縫いやすい)
・ハイテクタイプ(お値段ややお高めだが、薄くて縫いやすく、保温性・形状保持機能あり)
・樹脂綿タイプ(樹脂加工されたもの…って??? ポリエステルのことなのか?ハイテク素材のことなのか?)
……etc.


以上、できる範囲でまとめてみましたが、奥が深い…。深すぎてキリがない…(--;)
まとめてみたはいいけど、種類がいろいろありすぎて頭が混乱状態です。間違っていたらごめんなさいm(_ _)m

これ読んでる方も、もうごっちゃごちゃですよね┐( ̄ヘ ̄)┌
初めて使うんだけど、いったいどうすればいいの~!?という方は…、

とりあえず、パックタイプで、薄手~中厚手の片面アイロン接着キルト芯を購入してみるとよいと思います!
たいていの手芸店で売られていて、扱いやすく、ある程度たくさん入っています。お値段は、ややお高めですが…。

まずはそちらを使ってみて、次からは作りたいものに合った素材や厚みのキルト芯を、ご自分で探してみてはいかがでしょう(^^)



※接着芯については、こちら



<お買い物の参考に>




↑ポリエステルの片面接着キルト芯、パックタイプ。上はふんわり低密度な分、やや厚め。下はしっかり高密度な分、厚み少なめ。用途に応じて使いわけましょう。


↑ポリエステルの片面接着キルト芯パックタイプ、黒色バージョン。




↑こちらは切り売りタイプの片面接着キルト芯で、接着芯やキルト芯では有名なバイリーン社というメーカーのもの。上は厚手、下は薄手。そんなにたくさん必要のない時にどうぞ。





いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリック↓お願いします!


人気ブログランキングへ

# by bananamura | 2015-04-15 19:06 | banana の教え(無料テキスト)

接着芯とキルト芯(その1 接着芯について)

お気に入りの生地を使って、バッグやポーチなどの小物を作りたい!
でも、その生地は薄くて張りがなく、バッグやポーチなどには向いていない…残念007.gif という経験、ありませんか?

昔の banana は、たくさん経験ありました…。そう、接着芯・キルト芯と出逢うまでは!

ここでは、生地に貼り付けることで張りや厚みをもたせることのできる、接着芯とキルト芯について、まとめていきたいと思います(^o^)

※キルト芯については、こちら


◎ 接着芯

接着芯は、薄くてヘラッとした生地の裏側に貼り付けることでパリッと張りを持たせ、本来バッグやポーチなどに向いていない生地を、向いている生地に変身させてしまうことができるんです。
また、伸びやすいニット生地でも、接着芯を裏側に貼り付けて伸びにくくすることで、バッグやポーチなどを作ることができるようになります。
さらには、小さく切った接着芯を貼ることで、ボタン穴やポケット口などの補強もできます。

すばらしいんです、接着芯!

f0255754_23230603.jpg




<接着芯の貼り付け方>

接着芯には、アイロンタイプ(片面、両面)とシールタイプがあります。
banana はシールタイプを使ったことありませんが、接着力はいま一つ弱いようです。仮どめが主な用途かな?
それから両面アイロンタイプは、表地と裏地をいっぺんにくっ付けるのに手っ取り早いのですが、両面きれいに貼り付けるにはかなりのコツが必要です。

ですので、ここでは banana がよく使う片面アイロンタイプの接着芯の貼り付け方について書きますね。


※ご使用の生地に貼り付ける前に、必ず切れ端で試し貼りをしてくださいね!生地によっては、アイロンの熱で溶けてしまったり(ラミネートやナイロンなど)、縮みやすい素材だったりすることがあるので、確認しましょう。


接着芯によっては、アイロンをかけると若干縮むものがあり、その接着芯と共に生地の方も縮んでしまうことがあります。
ですので理想としては、接着芯を貼り付けた後に、型紙を乗せて裁断した方がベストです。


理想の手順↓


1.型紙の大きさより少し大きめ(1cm位)に生地と接着芯をざっくりと切っておく
f0255754_23230978.jpg



2.生地の裏側に接着芯を貼り付ける

①まず接着芯を貼る前に、生地の裏側からアイロンをかけて生地全体のシワを取り除きましょう。
ここでシワを除いておかないと、接着芯を貼り付けた時にシワがそのまま残ってしまいますよ!

②次に、接着芯の接着面(テカリがある方、またはざらつきがある方)を下にして生地の裏側に乗せ、あて布(余った布やハンカチなど)をかぶせます。
f0255754_23231445.jpg

※写真ではキルト芯を使用しておりますが、接着芯もやり方は一緒です。

中温(130~150度)のアイロンを、あて布の上から10秒位、力を入れて押し当てるようにします。移動する時はアイロンを滑らせず一旦離し、上から押し当てるのを繰り返し、ゆっくり少しずつ移動しながら、まんべんなく生地に接着させていきます。
なるべく中央から外側へ、空気を外へ押し出すように移動させていきましょう。
f0255754_23231707.jpg


ここでテキトーにすると、後になってあっさりと剥がれてきてしまうので、しっかりていねいにアイロンをかけましょう。
全面にかけた後、生地の表側を確認し、シワなど気になるようなら表側からもアイロンをかけて整えます。

③アイロンをかけた後は、冷めるまで動かさずにしっかり冷ますことで密着します。
逆に、貼り付けに失敗して剥がしたい時は、アイロンで熱を加えて熱いうちに手早く剥がせば、比較的剥がれやすいでしょう。そんなこと、無いに越したことはありませんが…。


3.型紙を乗せて正確に裁断する
f0255754_23232151.jpg




大きなパーツを含む作品の場合は、サイズや合印の位置がずれると製作に支障をきたすので、このような手順で接着・裁断しましょう。

ですが…、面倒ですよね~(--;)
小さなパーツのみの場合はあまり気にせず、
1.生地と接着芯を型紙の大きさに裁断する
2.生地の裏側に接着芯を貼り付ける(上記①~③)
の順序で大丈夫だと思いまーす(^^;



<接着芯と裏地>

接着芯を付けた生地は張りや厚みが出るので、その生地1枚だけで使用することも可能ですが、生地の裏側は接着芯むき出し状態です。
裏側はほとんど見えないんだし、別に気にならないという方は、そのままでもちろんOKです!探せば、いろいろなカラーの接着芯も売られていますし。
ただ、一般的には裏地(裏布、内布ともいう)を付けて、接着芯を隠すことが多いと思います。

裏地を付けるなんて難しそうだし面倒だし…とお思いの方。
実は、裏地を付けるのはそんなに難しいことではなく、縫い代の始末をしなくてよくなったり、形を保ちやすくなったり、結構いいことあるんですよ!何より、見映えがよくなります。

裏地の付け方は作り方によっていろいろなので、作品それぞれのテキストをご参照いただき、あまり怖がらず、ぜひチャレンジしてみてください♪



<接着芯の種類>

では、接着芯にはどんな種類があり、どれを使えばいいか?
一言で言うと、接着芯にはいろいろあります。ありすぎます…。

接着の方法で分けると↓
・アイロンタイプ(片面、両面)
・シールタイプ
(・接着しないで縫い付けるタイプ=接着しないので接着芯ではなく、ただの芯地)

用途と固さで分けると↓
・ハードタイプ(バッグや帽子等、しっかり張りをもたせたいアイテムに使用)
・ふつうタイプ(ハードとソフトの中間で、いろいろなアイテムに使用)
・ソフトタイプ(洋服等、しなやかさを残しつつある程度の張りをもたせたいアイテムに使用)

売られている形状で分けると↓
・パックタイプ(ある程度の大きさに切ったものを折り畳んだ状態で、パックになって売られている)
・切り売りタイプ(生地と同じようにロール状に巻かれていて、必要な分だけ切り売りされている)

素材で分けると↓
・不織布タイプ(厚手で伸びにくく、しっかりした張り。お値段お安めだが、やや剥がれやすい)
・織り布タイプ(薄手で伸びにくく、ほどよい張り。お値段ややお高めだが、剥がれにくい)
・編み布タイプ(薄手で伸縮性があり、しなやかな張り。ニットの洋服等に使用。お値段ややお高めだが、剥がれにくい)

こんなものもあります↓
・伸び止めテープ(接着芯を細くテープ状にしたもので、洋服の肩や襟口等の伸び止めに使用。素材やカットの仕方によって、伸縮性があるタイプとないタイプあり)


以上、 banana のわかる範囲でまとめてみましたが、もっともっと奥が深いと思われます。

もうごっちゃごちゃですよね┐( ̄ヘ ̄)┌
初めて使うんだけど、いったいどうすればいいの~!?という方は…、

とりあえず、不織布パックタイプで固さふつうの片面アイロン接着芯を購入してみるとよいと思います!
たいていの手芸店で売られていて、ある程度たくさん入っていますし、お値段もお手頃です。ただし、やや剥がれやすいので貼り付けはしっかりと!

まずはそちらを使ってみて、次からは作りたいものに合った素材や固さの接着芯を、ご自分で探してみてはいかがでしょう(^^)




長~くなりましたので、キルト芯については次回!



<お買い物の参考に>






↑不織布片面接着芯。接着芯やキルト芯では有名なバイリーン社というメーカーの、お得用パックタイプ。用途に応じて三種類を使いわけましょう。


↑バイリーン社のものではありませんが、不織布片面接着芯のお得用パック、黒色バージョン。


↑こちらは、切り売りタイプの不織布片面接着芯。そんなにたくさん必要のない時に。




↑こちらは、切り売りタイプの織り布片面接着芯。この二種類以外にも、固さや厚みによって何種類もあります。






いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリック↓お願いします!


人気ブログランキングへ

# by bananamura | 2015-04-15 18:53 | banana の教え(無料テキスト)

ミシンでの縫い方

テキストの写真と同じものです。こちらの方が鮮明ですので、ご参照までに↓

f0255754_221814.jpg


写真は、端から約0.3cmの所にステッチをかけているところです。

あくまでも、 banana んちのミシンの例です。それぞれのミシンで押さえの大きさなど異なると思われますので、針からの距離の目安はお持ちのミシンでお確かめくださいませ。

端から○cmの所を縫う
端から○cmの所にステッチをかける
端から○cmの所をミシンで仮どめする

すべてに共通して、布端から針までの距離を、ガイド線や押さえの溝などを目安にして縫うことができますね。ガイド線がないミシンの場合は、マスキングテープに目盛りを書いて貼り付けるなどすると、作業がぐんと楽になりますよ(^^)


※写真で使用しているソーイング用クリップや、まち針については、こちら参照






いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリック↓お願いします!


人気ブログランキングへ

# by bananamura | 2015-04-11 02:01 | banana の教え(無料テキスト)

縫い間違いの直し方、リッパーの使い方

◎間違って縫ってしまった時

縫わなくていい所を縫ってしまったり、縫ったはいいけどとてつもなく曲がっていたり…。そんな時は、縫った所をほどかなければいけないことがありますよね。

無料テキストのバネポーチを例に挙げると、特にうっかり縫い合わせてしまいがちなのが、裏布の返し口!縫わずにあけておかないと、後からひっくり返せなくなってしまいます(製作②参照)

こうするはずが↓
f0255754_1254533.jpg

…やっちまった( ̄□ ̄;)!!↓
f0255754_1262924.jpg


こういう場合は、まずあわてないこと。
あわてて、縫った所ぜ~んぶほどいてしまわなくても大丈夫です。
かといって、ほどきたい所をいきなりブチッと切ってしまうと、ほどかなくていい所までほつれてきてしまいます。

糸を切ってしまう前に、ほどきたい部分の左右を返し縫いします↓
f0255754_1271167.jpg


返し縫いしてしまえば、もう大丈夫。ほどきたい所の糸を切って取り除きましょう。
リッパーの使用がおすすめですが、なければ先の尖った糸切りバサミで切ってもOKです。ただし、布まで切ってしまわないように気をつけて↓
f0255754_1275235.jpg




◎リッパーの使い方

わたくし banana は、よく縫い間違いをします(^^; 上記の返し口だって、バネポーチ4回製作中3回も縫い合わせてしまいました、エヘ011.gif
そんな時の我が心の友、リッパーくん053.gif 間違えたら、リッパーでほどいて縫い直せばいいのさ!リッパーがあるから、間違いも失敗も平気よ♪という気持ちにさせてくれます。

リッパー(ripper)とは、和訳すると引き裂くとか切り裂き魔とかちょっと怖い意味ですが、要するに、布を傷めず糸を切るための手芸用品です。
ミシン目を切ったり、ボタンホールを開けたり、用途もいろいろ。
ミシンを購入すると、小さいサイズのリッパーがたいてい付属しているのではないかと思われます。

では、縫い目をほどく時にリッパーってどう使うの?ということですが…。
実は、どこかできちんと習った覚えがないんですよね。自己流もいいところなのですが、 banana はこのように使っています。間違っていたらごめんなさい(*_*; でも、楽チンですよd(^-^)

①リッパーの先端が尖っている方を上糸の縫い目に入れ、ほどきたい部分の端を切る↓
f0255754_16404115.jpg


②3~4㎝おきに、リッパーで上糸をブチブチと切る↓
f0255754_16404316.jpg


③裏返して、下糸をリッパーの背(切れない所)で軽く持ち上げ↓
f0255754_16404616.jpg


④下糸を指でピーンと引っ張り上げると、上糸からきれいに外れる↓
f0255754_16405165.jpg


⑤下糸の両端を切り、切れ切れの上糸を指または毛抜きで取り除く↓
f0255754_16405610.jpg


⑥裏も表も、きれいさっぱり↓
f0255754_16405826.jpg



※②は3~4㎝おきとしましたが、もっと間隔開けてもいけそうな気がします。お試しあれ。







↓banana の使っているもの。毛抜き付きで、デザインもステキ♪


↓こんなものも見つけました。や、安い!


↓こんなお洒落なものも…!憧れます。使ってみたいなぁ(*^^*)



いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリック↓お願いします!


人気ブログランキングへ

# by bananamura | 2015-04-11 01:15 | banana の教え(無料テキスト)

ミシン糸、ミシン針の基本について

◎ミシン糸

ソーイングで、布を用意するのと同時に必要になるのが、ミシン糸ですね。

糸にも様々ありますが、一般的に一番多く使用されるミシン糸は「普通地用スパンミシン糸(♯60番)」です。
ミシン糸をあまり購入した経験のない方は、なんだか番号までついてるようなものを、簡単に探し出せるの?と思われるかもしれませんが、一番メジャーなミシン糸で色も豊富ですので、手芸店でもすぐにわかります。多くのソーイングに用いられます。

数ある色の中から、どれを選ぶか迷いますよね。ミシンの縫い目が目立つのは嫌だなという場合(初心者様はこちらがおすすめ)は、表布の色に最も近いものを、逆に縫い目をステッチとして目立たせたい場合は、表布の色に映えるものや裏布の色など、お好みで選んでいただいていいと思います。

その他の糸について簡単に言うと、

「厚地用ミシン糸(♯30番)」→厚手の生地を縫う時に使用する、太めの糸。普通地にステッチを目立たせたい場合などにも使える。

「薄地用ミシン糸(♯90番)」→薄手の生地を縫う時に使用する、細めの糸。

「ニット用ミシン糸(♯50番)」→ニット生地を縫う時に使用する、やや伸びる糸。

他にも、刺繍糸、手縫い糸、ロックミシン用糸などなど、たくさんありますね(^^; ちなみに糸の番号は、太い糸ほど数字が小さくなります。

bnn village のソーイングでは、ほとんどが「普通地用ミシン糸(♯60番)」、時々「厚地用ミシン糸(♯30番)」を使用することになるかと思います。

f0255754_0225628.jpg





↑こちらは普通地用(#60番)ミシン糸。他にも多数のカラーあり。


↑こちらは厚地用(#30番)ミシン糸。他にも多数のカラーあり。


↑普通地用ミシン糸が8色セットで、大変お得♪


↑こちらは、糸専門店。




◎ミシン針

それから念のため。ミシン針にも太さがあり、ミシン糸の太さにふさわしいミシン針を使用した方がよろしいです。

「普通地用ミシン糸(♯60番)」にふさわしい♯11号のミシン針はやはり一番メジャーなので、ミシンを購入した時に付いていたものを変えずに使用しているなら、まず大丈夫と思われます。不安な方は、ミシン針の一番太い所辺りに番号が書いてあると思いますので、見てみてください(虫メガネが必要かも…)。

布と糸とミシン針が合っていないと、ミシン針が曲がったりすることがありますよ。特に、何重もの厚地や三つ折りのカバンテープなどを普通地用の糸と針で縫ったりすると、針がボッキリ折れることもあります( banana 何度も経験済み…)。厚地には厚地用ミシン糸と、♯14号以上のミシン針がおすすめです。ちなみに、針の番号は糸と逆で、太い針ほど数字が大きくなります。

もう一つ念のため。ニット生地を縫うには、ニット用のミシン針があります。ニット地が切れてしまうのを防ぐため、針の先端部分が丸くなっているんですよ。ニット用ミシン糸とセットでの使用をおすすめします。

f0255754_0242926.jpg





↑こちらは、薄地用(#9号)から厚地用(#16号)までの各種ミシン針。


↑こちらは、いろいろな太さのミシン針のセットです。場に応じて使い分けられるので、便利です。 banana も使っています。




おまけ…


↑以前から欲しかったこちらを、ついに買っちゃいました♪壁掛けもできるので、ミシンの目の前に掛けて使っています。




いつも読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)
励みになりますので、よろしければクリック↓お願いします!


人気ブログランキングへ

# by bananamura | 2015-04-09 00:11 | banana の教え(無料テキスト)